不用品の回収事例

2017年6月26日不用品回収の事例

家具の解体

写真に収まらないタンスです。高さ2.1m、幅1.8mありました。W60×D60×H180の箱を3つに並べて連結しているタイプのタンスになります。
タンスの解体

開始20分でタンスの解体が終了して外に出すことが出来ました。解体した家具を横に並べるとやはり長いですね!

因みに、もう一つパイプハンガーらしき家具の解体も合わせてしました。
家具の解体 パイプハンガー

写真に収まっていますが、高さはタンスと同じ2.1mあります。幅はありませんが、ビスが多かったです。
パイプハンガーの解体

タンスと合わせて20分でバラバラにして、外に出すことが出来ました。
この家具は回収が決まっていたので車に積みました。

作業時間:30分
作業人数:2人
作業が終わってお客様に確認をしてもらったところ

急遽…

横に並べていたタンスを回収してほしいと言われました。

車にはもう積めるスペースはありません。なので、
解体した家具を更に解体しました。
もうバラバラです。もはやタンスには戻りません。戻せません。バラバラにしてあげました。

行政の粗大ごみ回収だと処分が2週間先になるとのことで2週間も外に置いておけないと仰ってました。
たしかに、梅雨ですからね♪緑が生えてきたら困りますからね。
基本料金(1時間・税抜)
※365日、料金は変わりません。 ※特殊な機材や技術が必要な作業は別途料金となります。
基本料金(1時間・税抜)
※365日、料金は変わりません。 ※特殊な機材や技術が必要な作業は別途料金となります。
ご利用の流れ