<大田区の皆様へ>お困りごとは、あなたの町の便利屋さんドント・ウォーリーにお任せください!

便利屋ウォーリー

水まわりのトラブル

水まわりのトラブル

トイレのつまり、蛇口の水漏れなど水回りのトラブルに対応してくれるサービス

トイレが詰まった、蛇口から水漏れしているというような緊急事態が起こった場合、たとえ夜中であってもすぐに直してもらわなければならない場合があります。程度の差はありますが、家が水浸しになってしまうようなトラブルの場合には、何時間も待っていることはできないからです。

水回りのトラブルは、何とか応急処置を使用として素人が手を付けると、かえって状態が悪化してしまうことがありますので、すぐに専門家に依頼することが大切です。便利屋の水回りのトラブル対応は、24時間なので、いつでも依頼することができます。

 

水が止まらない!!というような事態になった時すぐにすること

まず水回り専門の業者に連絡をして修理の依頼をすることが第一ですが、スタッフが到着するまでの間に蛇口を閉めても水が止まらず溢れてくるような場合には、止水栓が元栓を閉じましょう。

水漏れの量が多く水漏れしている場所が2階であった場合、階下の部屋の天井に染みを作ってしまったり、家具を汚してしまったりする恐れがあり、さらに集合住宅であれば階下の住人に対して損害賠償責任が発生してしまうこともありますので、まず水を止めましょう。

水栓につけられている止水栓、又は元栓を閉めると水を止めることができます。

≪止水栓の位置と閉め方≫

止水栓はキッチンや浴室であれば流しの下、トイレであれば給水フレキ管の付け根付近についています。ハンドルがついている場合はハンドルを、付属品である止水栓用の開閉工具がある場合は止水栓用の開閉工具を、どちらもない場合はマイナスドライバーを使って時計回りに回して止水栓を閉じます。水漏れしている水栓が老朽化している場合、硬くて動かないことがありますので、そのような場合には無理に閉じようとせず、水道の元栓を閉じましょう。無理に閉じようとすると壊れてしまい、事態を悪化させることになりかねません。

≪元栓の位置と閉め方≫

水道の元栓は、戸建ての住宅であれば、敷地内の地面に設置されたメーターボックスの中に、集合住宅であれば玄関横のパイプシャフトの中にあります。元栓にはハンドルがついていますので、ハンドルを時計回りに回すと水が止まります。元栓を閉めてしまうと、全ての水道の水が出なくなってしまいますが、水が大量に溢れているような場合には、家が水浸しになるのを防ぐ為に元栓を閉じましょう。

 

水が止まらないトラブルに対処する方法

蛇口を閉めても水が止まらない、蛇口から水漏れがするというようなトラブルでは、水栓内部のパッキンが劣化した為におこるケースと、水栓内部の部品が劣化した為におこるケースがあります。

使い始めて2~3年以内の水栓であれば、パッキンや部品の交換という方法の修理で直ることが多いのですが、10年近く使用した水栓である場合には、パッキンや部品を交換しても快適に使える状態には戻らないことがほとんどですので、新しい水栓に交換という修理方法が確実です。

 

水の出が悪くなった場合対処する方法

水の出が悪くなった原因の一つには、吐水口キャップや吐水口についた網に水道に含まれている細かいゴミが溜まってしまったということがあります。

このような場合には、吐水口につけられているキャップや網を外して、詰まっているゴミを取り除くことで解決することができますが、水道の吐水口のタイプによって取り外し方が異なり、分解して外してゴミを取り除き、再度元通りに組み立てなくてはならないので手間がかかります。

また、水栓内部の部品が劣化して水の出が悪くなってしまうこともありますがこのような場合は、部品の交換、又は水栓の交換が必要です。

水栓の交換や修理を依頼できる専門の業者は、水栓の点検や掃除も引き受けてくれるので、

定期的に水栓の点検や掃除を依頼しておくと、水栓をいつも快適な状態で使うことができます。

 

トラブルを避ける為の浴室のお手入れ

排水口からの水の流れが遅い、排水口から臭いがする、黒カビが発生してしまったというようなことがおこる前に、排水トラップのお手入れをしましょう。

入浴後には毎回ヘアキャッチャーに溜まった髪の毛を取り除いておき、家族の人数にもよりますが、4人家族であれば週に2回、ご夫婦だけであれば週に1回程度排水トラップのカバー、ヘアキャッチャー、排水筒、排水ピースなどを取り外してスポンジなどで水洗いしましょう。

洗剤を使わなくてもスポンジで水洗いするだけできれいにすることができます。

仕事や子育てが忙しく浴室の掃除に手が回らない場合には、専門の業者に排水口の掃除を定期的に依頼することで排水口が詰まる、排水口から臭いがするといったトラブルを予防することができ、浴室を快適に使うことができます。

 

トラブルを避ける為のキッチンのお手入れ

排水口からの水の流れが遅い、排水口から臭いがするというようなことがおこる前に、排水トラップのお手入れをし、キッチンの配水管の曲線の部分に汚れが溜まってしまうと配水管が詰まってしまいますので、配水管をいつもサラサラにしておきましょう。

排水口につけられているゴミ受けは、毎回捨てること、週に1~2回ゴミ受けの下のワントラップを取り外して水洗いすることだけでも、詰まりや悪臭を予防することができます。

 

お風呂の排水口の清掃やウォシュレット取り付けも対応してくれるサービス

お風呂の排水口は、適切に清掃していないと髪の毛やごみが詰まって流れが悪くなったり、悪臭を発生させたりしますが、危険性のある洗浄剤を使う必要があるので、小さなお子様やペットのいるご家庭ではなかなか排水口の清掃ができないので、大田区の便利屋・ドント・ウォーリーの排水口清掃サービスを依頼してみてはいかがでしょうか?

定期的にきれいにしてもらうと、日々の掃除が楽になります。また、ウォシュレットを新しい製品に取り換えたいというような場合、ウォシュレット取り付けにも対応してもらえます。

トラブルが起った時には、慌てず水を止め、専門の業者に連絡しましょう!

トラブルを起こさない為には日頃のお手入れが大切ですが、トラブルがおきてしまった時には事態を悪化させない為に、すぐに専門の業者に修理を依頼しましょう。