波板の取付をしてきました。

こんばんは。ドント・ウォーリー鵜の木店です。

 

暖かい日が続きますね♪

昨日は午後から天気が悪くなりましたけど…

 

先日、波板の取付作業をしてきました。

 

波板の取付作業前

長さ3メートル、幅60センチの波板が取り付け部分から割れています。経年劣化が原因と思われます。他の波板もだいぶ傷んでいました。

 

今回は、破損した波板のみを取付ました。

 

波板の穴あけ作業

まずは、波板にボルトを通す穴を明けていきます。

波板には太陽の光を当てる面(上)と当てては行けない面(下)があります。穴を開ける際は波板の太陽に当ててはいけない面を上にして凹の溝に穴を開けます。ここに穴を開けておけばひっくり返したときに凸面に穴が開いている状態になるので水などの侵入を防ぎやすくなります。

また、波板の部分補修の場合は穴の位置にも気をつけましょう!!

 

波板の取付作業

波板の取付作業は部分補修で全体の中央部分のため大変でした。

ボルトを上からしめるため、上に人がいます。既存の波板を割らないようにきをつけています。

限れた足場で立ち続けているので上で作業する人には強靭な足腰が必要になります。

波板越しでも辛さが伝わってきますね!

 

作業場所が端になると上に登る必要がなくなります。

波板取り付け作業終了

今回の依頼は、不動産会社さんからでした。

本格的に梅雨の時期になる前に波板の修理作業は如何でしょうか?

 

基本料金(1時間・税抜)
※365日、料金は変わりません。 ※特殊な機材や技術が必要な作業は別途料金となります。
基本料金(1時間・税抜)
※365日、料金は変わりません。 ※特殊な機材や技術が必要な作業は別途料金となります。
ご利用の流れ